さとう鍼灸接骨院のスタッフブログ

ぎっくり腰について 新潟市江南区さとう鍼灸接骨院|2017/11/26

こんにちは!新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院の栗原です。

 

最近の新潟市や江南区はグレーな空が多くなってきて、

いよいよ新潟市も冬になってきた感じですね~

江南区の天気も悪いし家にこもりたくなってきますが、

あんまり身体を動かさなすぎるとこの時期はぎっくり腰が怖いですね。

そう新潟市や江南区の皆様、今回は「ぎっくり腰」についてのことを書きます。

 

そもそもぎっくり腰とは、急性的に起こる腰痛の事です。

名前のとおり、いきなりぐきっとぎっくり腰が起こるんです。

このぎっくり腰は実はなんと!

ぎっくり腰になる前から身体には大きな負担がかかっているんですね。

 

ぎっくり腰になった人の話を聞きましたが、

顔を洗おうとしてぎっくり腰になって立てなくなったとか

下にあるものをとろうとしてぎっくり腰になったとか

腰にそこまでの負担はかからないであろう動作でぎっくり腰になる方も多いんです。

 

つまりはそれはぎっくり腰になる以前に腰の周囲の筋肉には

慢性的に負担がかかり筋肉は限界が近かったんですね。

 

実際にぎっくり腰なってしまったらまずは安静です。

そして腰を冷やしましょう。

ぎっくり腰になると腰の筋肉には炎症が起きるので、

決して温めたりしてはいけません。

また、ぎっくり腰になるとぎっくり腰になった腰が気になって動かしてしまいますよね。

実はそれがぎっくり腰をさらに悪化させてしまう原因になってしまうので、

ぎっくり腰になってしまった際には、まずは「安静」です。

新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院では、ぎっくり腰に対してまずは、

歪んでしまった姿勢を整えるために

骨格矯正や骨盤矯正を行っていきます。

次にぎっくり腰になってしまい傷ついてしまった筋肉に対してリハビリを

行っていきます。

新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院では、最新の治療器を使い

ぎっくり腰の痛みを抑制するだけでなく、ぎっくり腰が再発しない体づくりや

姿勢づくりを行っていきます。

ぎっくり腰になってしまったがどうしたらいいかわからない・・・

ぎっくり腰の姿勢が治らない・・・

常に腰に違和感がありぎっくり腰になるかもしれないと不安・・・

ぎっくり腰で整形外科に行ったがレントゲンで異常がないので湿布だけだった・・・

新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院はそんなぎっくり腰の症状をお持ちの方の味方です!

ぎっくり腰の際には新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院へお越しくださいませ。

 

この時期、身体が温まってない状態で重いものを持ったりすると

ぎっくり腰の危険です。

ぎっくり腰には十分注意しましょう。

ぎっくり腰の際には、新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院の栗原まで

ご相談ください。

 

新潟市 さとう鍼灸接骨院の公式サイト

新潟市 さとう鍼灸接骨院の交通事故専門サイト

おかげさまで新潟県口コミNo1 

新潟市 さとう鍼灸接骨院のエキテン

🏤新潟市江南区亀田四ツ興野4-2-22-101

📞025-384-8316

【受付時間】

月曜日~金曜日 9時~12時 / 15時~20時

土曜日    9時~14時

日曜日・祝日 休診

骨折後のリハビリについて 新潟市江南区さとう鍼灸接骨院|2017/11/23

こんにちは!新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院の栗原です。

新潟市や江南区は本格的に寒くなってきましたが

新潟市の皆さんタイヤ交換はお済でしょうか?

新潟市や江南区では、毎年いきなりどか雪が降ることもありますので、

まだタイヤ交換してない方は早めに交換しましょう。

 

さて今日は骨折後のリハビリに関して簡単にお話しします。

 

骨折は骨がぽきっと折れたりヒビが入ったりして、

病院で骨折の固定をすれば終わりと思っていませんか?

骨折は、固定ももちろん大事ですが、

その後の骨折のリハビリがとくに重要になってくるのです。

 

骨折後の固定やリハビリをしっかりしないと

・骨折した骨が曲がったままくっ付いてしまう

・骨折した周囲の関節の可動域が悪くなってしまう

・骨折した周囲の筋肉が硬くなる

・骨折前の動きに戻らない

など骨折の後遺症を患うことも多いのです。

この骨折ですが、特に骨折は初期治療が命といっても過言ではありません。

骨折は大体、一週間前後で仮骨と呼ばれる骨折した骨同士をくっつける

カルシウムの「のり」が出てきます。この前にちゃんとした骨折の処置を

行っておかないと骨折の後遺症を残したり、寒いときに骨折したところが痛くなる。

疲れると骨折したところが染みるように響く、骨折周囲の関節の動きが悪いまま

など様々な骨折の症状、後遺症が隠れています。

骨折になってしまったらまずは、元の位置に戻して「固定」です。

新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院は、骨折してしまった患者様の生活を考えた固定を

提案させていただきます。

御年配の方であれば軽い材料を使った固定にしますし、後遺症が残らないように

その後の生活のことも考えた固定やリハビリのプランをご用意いたします。

また、骨折を整形外科で治してもらった後の関節に対してのリハビリももちろん

行っております。

骨折後の関節も骨折するぐらいの衝撃を受けておりますので、その分傷んでおります。

骨折後の関節可動域訓練やリハビリを疎かにした場合、後々まで関節のむくみや腫れが

邪魔して関節の可動域が広がらないままになっていらっしゃる方も大勢いらっしゃると

思います。

新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院はそんな骨折後のリハビリでお悩みの方の味方です!

骨折は治ったけどむくみや腫れが引かない・・・

骨折後に関節の可動域が少なくなってしまった・・・

骨折後のリハビリをしたいが会社帰りに通えるところを探している・・・

新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院では骨折したばかりの処置はもちろんのこと、

骨折後のリハビリに関してもしっかりと行っていきます。

骨折後のリハビリにに関してお困りの方へ!

骨折後のリハビリのことなら新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院の

栗原までご相談ください。

 

新潟市 さとう鍼灸接骨院の公式サイト

新潟市 さとう鍼灸接骨院の交通事故専門サイト

おかげさまで新潟県口コミNo1 

新潟市 さとう鍼灸接骨院のエキテン

🏤新潟市江南区亀田四ツ興野4-2-22-101

📞025-384-8316

【受付時間】

月曜日~金曜日 9時~12時 / 15時~20時

土曜日    9時~14時

日曜日・祝日 休診

肩が上がらない、肩が痛い!新潟市江南区さとう鍼灸接骨院|2017/11/21

こんにちは!新潟市や江南区の皆様、お世話になっております。

 

肩の周辺が痛む。

 

肩をあげると痛い。

肩を後ろに回すことができない。

肩や腕が回らない。

 

などなど…………。

 

私は絶対『四十肩、五十肩』にならないと

自分を過信しすぎている。スタッフ山家です。

 

 

新潟市や江南区は最近、急に寒くなって朝起きるのがとても大変になりましたね。

大きな声では言えませんが、遅刻しないように

最近はハラハラしながら朝頑張って起きています。(汗)

 

私の私情は置いておいて……。

 

新潟市や江南区の皆さん。肩、は痛くなってませんか?大丈夫ですか?

 

 

肩が上がらない、肩が回らない、肩が痛い。

そんな辛い肩の症状をお持ちの方は周りにいませんか?

 

肩が上がらず、整形外科に行ってレントゲンをとっても異常が見られない。

 

肩が上がらないのは「四十肩、五十肩」のせいですね

 

と言われて湿布と肩の症状に対してのちょっとしたリハビリをしただけの治療。

 

『これ、ホンマに肩が上がるようになるんかい!!!』

 

って思う方、いると思います。

 

実際学生の頃の私も、肩に湿布や肩に痛み止めの注射で肩の痛みを和らげたり、

肩に電気をかけて肩周囲の筋肉を柔らかくして、肩を上げるリハビリをしていました。

肩の可動域を広げることで肩の症状は良くなると思っていました。

 

はい。これが現実ですね。

 

「これだけでは肩の症状は治りません!!」

 

 

なかなか肩の症状が治らないんですよねー。

これだけの治療だと肩の症状は実は治りません。

 

え?肩の症状治らないの?肩は上がるようにはならないの!

そう思った方いるんじゃないでしょうか。

 

そもそも何故、肩をあげると痛みがでるのでしょうか?

 

肩関節を構成する骨は

肩甲骨、上腕骨、鎖骨。主にこの3つの骨になります。

 

ここで登場!

皆大好き「猫背」登場です。

 

 

また猫背です。

 

猫背だと肩が前に入ります。

 

そうすると肩甲骨と上腕骨の間の隙間が

狭くなってしまいます。

 

そうすると肩を上げようと腕をあげた時に

肩甲骨と上腕骨がぶつかり合って痛みが出ます。

 

人は肩に痛みがあると無意識にそこの部分を動かさない様にします。

 

そうすると肩周りの筋肉は動かさなくなってしまうので

どんどん固くなってしまいます。つまり、悪循環ですね。

 

するとどんどん肩の可動域は狭くなってしまい結果、

肩は上がらず、肩はどんどん痛くなるのです。

 

 

これで肩や腕が上がらない。肩周囲に痛みの症状が出る

これが新潟市や江南区の皆様ご存知、「四十肩、五十肩」の状態です。

 

猫背の原因は人それぞれなので

一概に「これが原因です」とは言えません。

 

肩の痛みや肩が上がらない症状に日々耐えている方。

無理しないで下さい!

 

放っておくとひどい事になりますよ?

 

新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院では、

肩が上がらない、肩が痛い症状をお持ちの方に対して

最新の治療器や必要と判断しましたら骨格矯正や骨盤矯正などを行い

肩が痛い、肩が上がらない症状に対して根本改善のお手伝いができます。

肩の症状は筋肉の症状だけでなく前述したように姿勢も大きく関係いたします。

肩が痛い、肩が上がらない症状をお持ちの方へ!

新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院はそんな肩の症状をお持ちの方の味方です!

 

新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院スタッフの山家を全力で施術を行っています!

肩の症状でしたら、新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院へ!

ぜひ、1度ご来院してみてください。

ご来院ここらよりお待ちしております!

 

 

          

 

新潟市 さとう鍼灸接骨院の公式サイト

新潟市 さとう鍼灸接骨院の交通事故専門サイト

おかげさまで新潟県口コミNo1 

新潟市 さとう鍼灸接骨院のエキテン

🏤新潟市江南区亀田四ツ興野4-2-22-101

📞025-384-8316

【受付時間】

月曜日~金曜日 9時~12時 / 15時~20時

土曜日    9時~14時

日曜日・祝日 休診

          

タイヤ交換とスリップ事故  新潟市江南区さとう鍼灸接骨院|2017/11/18

こんにちは。

 

湯たんぽだけではもの足らず、

巻ぽかの購入を検討中の スタッフとも です。

 

いや~ほんとに新潟市江南区は寒いですね!

 

先週は十日町や魚沼で雪が降ったそうです。

そして明日は新潟市江南区の方も雪の予報がでていてびっくりです。(”Д”)

 

 

新潟市のみなさん、車のタイヤはもう交換しましたか?

実は私はまだ交換していません。( ;∀;)

 

というか、新しい車が12月に来るので(^^♪

今乗っている車のタイヤは交換するつもりなかったんですよね…。( ゚Д゚)

 

まさかこんなに早く新潟市や江南区に雪が降るなんて。(´・ω・`)

 

そんな訳で、近々交換しようと思います。

みなさんもタイヤ交換はお早めに。

 

さて前置きが長くなりましたが、今回ご紹介いたしますのは「スリップ事故」についてです。

タイヤ交換をしていないとスリップ事故が起こります。

今朝もバイパスで交通事故を見かけました。交通事故で一番多いのがむち打ちです。

 

交通事故やむちうちにならないようにタイヤ交換を早めにしましょう!

タイヤは溝が大事です!

 

 

交通事故治療やむちうち治療は早めの治療が大事です!

 

これから新潟市は雪が降る季節に突入です。

交通事故やスリップ事故にはくれぐれもお気を付けください。

 

スリップ事故が起こりやすい条件は、

1、視界が悪い

2、路面の凍結

3、急ブレーキ

4、居眠り運転

5、スピードを上げての急なカーブ

などがあげられます。

 

これらの条件に当てはまらないように新潟市や江南区の皆様、

運転時にはスリップ事故にくれぐれも気を付けましょう。

 

 

新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院は、

交通事故やスリップ事故に遭ってしまった方の味方です!

 

交通事故やスリップ事故は早期の治療や施術が大切です!

 

交通事故やスリップ事故に遭ってしまった際には、

ぜひ!新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院の交通事故施術を受けてみてはいかがでしょうか。

何卒よろしくお願いいたします。

 

 

          

 

新潟市 さとう鍼灸接骨院の公式サイト

新潟市 さとう鍼灸接骨院の交通事故専門サイト

おかげさまで新潟県口コミNo1 

新潟市 さとう鍼灸接骨院のエキテン

🏤新潟市江南区亀田四ツ興野4-2-22-101

📞025-384-8316

【受付時間】

月曜日~金曜日 9時~12時 / 15時~20時

土曜日    9時~14時

日曜日・祝日 休診

          

今回は膝関節症について。新潟市江南区さとう鍼灸接骨院|2017/11/13

こんにちは😃 新潟市や江南区の皆様、お世話になっております。

新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院のスタッフ田中です(^^)

 

もうすっかり秋ですね!

私はもう布団を冬用に変えてしまいました。

 

 

新潟市や江南区の皆様、季節の変わり目は体調を崩しやすいので、

風邪に気を付けて暖かくしてお過ごしください。

 

さて、今回ご紹介いたしますのは、こんな寒い時期に起こりやすい

「膝関節症」についてです。

 

 

新潟市や江南区の皆様、膝関節症や膝の関節の構造をご存知でしょうか。

まず、膝関節は歩いたりするときに必ず使う関節の一つです。

膝関節を構成する骨は大腿骨、脛骨、膝蓋骨の3つです。

これらの骨から膝関節が出来ていて、他にも膝関節を支える靭帯や関節軟骨などが

存在しています。

これらの異常や「膝周辺に起こる症状の総称のこと」を膝関節症と呼びます。

この膝関節症は多くの人を悩ましている症状で、御年配の方に特に多いと呼ばれています。

まず、膝関節症の症状で多い半月板の症状についてお話します。

 

膝関節症で特徴的なものと言えば半月板です。

半月板には膝関節の動きを安定させ、

また膝関節に伝わる衝撃を吸収してくれるという大切な役割を担っています!

 

 

半月板は膝関節の内側と外側に存在していて、

膝関節の内側の半月板の方が一般的に損傷しやすいと言われています。

これは、人間が内側の筋肉より外側の筋肉の方が強くできているため、

体重が内側にかかりやすいからです。

そのため、膝関節はO脚の方がX脚よりも多いという結果に繋がるのです。

 

その膝関節症の症状で多い半月板ですが、実は年齢とともに「すり減ってくる」のです。

半月板がすり減ってくると、膝関節に変形が起こってきます。

これを変形性膝関節症といいます。

 

高齢になるにつれて膝関節の周囲の筋肉が衰えてきてしまい

靭帯や半月板などの軟部組織に負担がかかってしまい結果、

半月板による膝関節症の発生が増加していきます。

 

半月板は膝関節の体重の衝撃を吸収してくれたものですが、

半月板がなくなるということは膝関節にとって相当な負担になります。

 

膝関節周囲の痛み、腫れの症状が発生し、歩くことさえ困難になることもありますので

新潟市や江南区の皆様、くれぐれも膝関節症にお気を付けください。

 

 

こうなると出掛けるのもためらうようになりますよね(´-ω-`)

 

今の時期は紅葉や美味しいものもたくさんあるのに

外に出かけられないなんてもったいない!!

 

新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院では膝関節症の痛みに対してのアプローチはもちろん、

膝関節症がなぜ起こってしまったのかを検証し

身体の骨組みから根本改善が必要と判断しましたら

骨格矯正や骨盤矯正などを行いで正しい姿勢を作ることで膝関節症による

膝かかる負担を和らげるといった施術も行っています。

 

膝関節が痛くて腫れている・・・

膝関節が痛くて歩けない・・・

膝関節が不安定で旅行にいけるか不安・・・

このような膝関節症の症状でお悩みの方へ!

新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院は辛い膝関節症をお持ちの方の味方です!

膝関節症は予防が一番大切ですので、膝関節に違和感がありましたら

お気軽にお早めにご来院くらだいませ!

新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院スタッフ田中、

お早めのご来院、お待ちしております(^ ^)/=/!

 

 

          

 

新潟市 さとう鍼灸接骨院の公式サイト

新潟市 さとう鍼灸接骨院の交通事故専門サイト

おかげさまで新潟県口コミNo1 

新潟市 さとう鍼灸接骨院のエキテン

🏤新潟市江南区亀田四ツ興野4-2-22-101

📞025-384-8316

【受付時間】

月曜日~金曜日 9時~12時 / 15時~20時

土曜日    9時~14時

日曜日・祝日 休診

          

 

1 2 3 4 5 6 7 8 29

お問合せはこちら|新潟市江南区さとう鍼灸接骨院

今すぐ!お問合せご相談ください!!

各種保険取扱・交通事故・労災

さとう鍼灸接骨院

tel:0253848316

TOPへ戻る