• HOME
  • >ぎっくり腰

ぎっくり腰

  • ずっと続く腰痛で手術しないと治らないと言われた
  • 長い間、立っていると腰が痛くなり立っていられなくなる
  • 腰痛と共に、足にしびれがある
  • 頻繁にぎっくり腰を起こしてしまう
  • 朝、起きた時に腰が痛くて中々起き上がれない
  • 腰のサポーター(コルセット)がないと不安で、手放せない

ぎっくり腰はなぜ起こるのでしょうか? | 江南区さとう鍼灸接骨院

坐骨神経痛 施術

ぎっくり腰は急な体勢や姿勢の変化で起こります。ぎっくり腰の痛みは、経験者でないとわからないほどつらいものです。

ほとんどの人は激痛に顔をしかめ、その場で横になったまま動けないほどです。何の前ぶれもなく突然起こることから、ヨーロッパではぎっくり腰を「魔女の一撃」というようです。

一般的にぎっくり腰は、重いものを持ち上げたときに起こりやすいといわれますが、実際には、咳やくしゃみをしたときやベッドや布団から起き上がろうとしたとき、顔を洗うとき、イスに腰かけて横や後ろのものを取ろうとしたとき、ゴルフや野球の素振りを軽くしたときなど、さまざまなケースがあります。

これらの共通点は何かの「動作開始時に起こる」というものです。 日常の何げない動作をしたときに、誰にでもぎっくり腰が起こりうるものなのです。

ぎっくり腰は従来、急性の一時的な腰痛と思われていました。ところが適切な手当てをせず長引かせてしまうと、慢性の腰痛に進むケースが少なくありません。とくに筋力の低下する中高年の方には再発しやすい傾向もみられます。

それだけに、ぎっくり腰を起こしたときの対策や再発を含めた予防について、きちんと知っておくことが大切です。

ぎっくり腰の痛みが治らない・悪化する理由

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰が治らない・悪化する原因には様々な理由があります。

骨盤や骨格が歪むと姿勢や全身のバランスが崩れ、筋肉に負担がかかってきます。このままの状態で放っておいてしまうと、ぎっくり腰になる場合が多いようです。

また、このような場合では、マッサージで筋肉をほぐすだけではぎっくり腰は改善しません。

「根本原因である骨盤や骨格の歪みを整える矯正治療」が必要となります。

このような症状もぎっくり腰になりやすい原因です

  • 猫背などの悪い姿勢を続ける
  • スポーツや普段の生活での腰への負担
  • 筋力不足、運動不足

新潟市 さとう鍼灸接骨院のぎっくり腰の治療法は?

1. 骨格・姿勢の改善

当院の施術はまず、第一に患者様の状態を確認させていただき、歪んでしまった「骨格・姿勢の改善」から始まります。

なぜなら、人間の体で一番重いのは「頭」です。頭が前後、左右に傾いた状態では正しい姿勢を保つことはできません。頭が前に傾けば、上体は前に傾き猫背の姿勢になります。その時、腰にはどんなことが起こっているでしょう。

一番重い頭が前に傾いているので前かがみの体勢になり、前に倒れこまないように必死に腰の筋肉で「支えています」。つまり、姿勢が正しければ頭の傾きが抑えられ、腰に負担がかからなくなるということです。 当院では身体の土台である骨盤に矯正治療を行い、歪みを取り除いて正しい位置へと導きます。

2. 姿勢を維持・定着

第二に正しい姿勢になったら、その正しい「姿勢を維持・定着」を目的にアプローチをしていきます。

筋肉や靭帯の修復を促し、血流の促進を行い筋肉の緊張を緩め、傷ついた筋肉や靭帯の回復を行います。当院では特殊電気治療器や超音波や手技を行います。場合によっては包帯が必要な場合もあります。

3. 筋肉の柔軟性・回復の向上

第三に、「筋肉の柔軟性の向上や回復力の向上」に対してリハビリを行います。

筋肉や靭帯の傷が修復され回復してくると、何もしていなければ痛くないが、負荷をかけると痛いという状態になってきます。この時にストレッチや体操などを行います。ストレッチは筋肉の柔軟性の向上や血流の促進、疲労の回復力の向上などを目的としています。

4. 再発防止・予防

最後に第四の工程として、「再発防止・予防」を目的に筋力の強化を行います。

なぜぎっくり腰が起こってしまったのかを患者様の姿勢や日常生活動作、仕事の内容などから弱った筋肉や使わなくて固まってしまった筋肉の強化を行い、ぎっくり腰によく言われる「ぎっくり腰はくせになる」を予防改善していきます。

このように、ぎっくり腰は最後まで治療をすればしっかりと治るものです。

最後まであきらめず適切な治療をして楽しい日々を送れるようにしていきましょう!

Youtube動画

新潟市さとう鍼灸接骨院の施術例

症例|新潟市江南区 ぎっくり腰 20代 女性

お子様を抱っこしているときに、ぎっくり腰になった方が来院されました。検査をすると骨盤がゆがんでいたことがすぐに分かりました。

アジャスターで整えた後は歩けるようになりました。すぐに動かしてしまうと骨格がズレてしまうこともあるので、炎症を抑えるために湿布をあてて、さらしを巻いて固定しました。

その日のうちに歩けるようにはなりましたが、痛みがとれた直後にスラスラと歩くわけにはいきませんので、1週間くらいかけて、根本改善しました。

【免責事項】お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

お問合せはこちら|新潟市江南区さとう鍼灸接骨院

今すぐ!お問合せご相談ください!!

各種保険取扱・交通事故・労災

さとう鍼灸接骨院

tel:0253848316

TOPへ戻る