• HOME
  • >四十肩・五十肩

四十肩・五十肩

このようなことでお悩みではありませんか?

  • 就寝時に突然肩に激痛が走り目が覚めてしまったことがある
  • 腕が思うように上がらず着替えるのが不便に感じる
  • 病院で湿布や痛み止めを出されたが効果をあまり感じなかった
  • 病院でほっとけば一年くらいで治ると言われたが本当に治るのか不安
  • 肩が張りすぎて頭痛がする
  • 最近、背中に手が届かなくなりエプロンが結べない

四十肩・五十肩はなぜ起こるのでしょうか?|新潟市江南市 さとう鍼灸接骨院

四十肩・五十肩は40歳代や50歳代に好発する「肩の痛みや症状の総称」です。
正式名称は「肩関節周囲炎」と言って肩関節を囲む腱や筋肉、靭帯に、加齢による炎症や癒着が起こる状態のことを指します。
また、五十肩の事を外国ではフローズンショルダー(凍りつく肩)と言います。文字通り肩が凍りついたように動かなくなり、腕が上がらない、服を着るのに不自由などの、肩の動きが制限される症状が出現します。
また五十肩に似た疾患の中には、「腱板損傷」「石灰沈着性腱板炎」などがあります。
腱板損傷は、腕と体をつないでいる筋肉(腱板)の損傷のことです。
特徴は、腕を横に上げていくと60~120度の間で痛みがあり、120度を超えると痛みがなくなります。中年の男性に多く見られます。
石灰沈着性腱板炎は中年の女性に多く、夜間突然の激しい強い痛みで始まる事が多いです。
関節のクッションの役割をしている滑液包が破れ、流れ出たリン酸カルシウム結晶が石灰化して起こります。
それぞれ共通点としましては「筋肉を傷めてしまう」ところから派生してきますので、肩に違和感を感じたり、上に書いた症状に少しでも当てはまる方は早めに接骨院や医療機関を受診することをお勧めいたします。

四十肩・五十肩の痛みが治らない・悪化する理由|新潟市江南市 さとう鍼灸接骨院

五十肩の痛みが治らない・悪化する理由としては以下のようなことが挙げられます。

  • 運動不足や、もともと柔軟などが苦手で体が硬い、運動すると肩が思ったほど回らない。
  • 夜寝ているときに肩を冷やしてしまう。
  • きちんとした治療を受けていない、自己流のストレッチを自分なりにしている。

五十肩の治療は大きく分けると2つの段階があり、安静にして炎症を抑える時期と、積極的に運動療法を行う回復期とがあります。
そして、この「安静にした方がいい時期」と「運動した方がいい時期」の見極めは非常に難しいです。
誰しも関節が動かなくなってしまったら出来る限り関節を動かして固まるのを防ぎたいものです。
ですが、安静にしなくてはならない時期に肩関節を無理に動かすことは逆効果で、肩の炎症はよりひどくなってしまいます。
また、炎症が収まった後にも関わらず、大事に丁寧に肩関節を扱いすぎて関節を使おうとせず逆に肩関節を固めてしまっている・・・などの状態もよく見受けられます。
少しでも肩の痛みがあったり、動きが悪いなと感じたら、医療機関や接骨院などの専門家の受診をお勧めします。

新潟市江南市 さとう鍼灸接骨院の四十肩・五十肩の治療法は?

さとう鍼灸接骨院の施術では、まず第一に「正しい姿勢」になるように「骨格矯正」を行います。すべての筋肉は骨格から始まります。そして、筋肉の緊張によって「骨の歪み」が起こります。つまり症状を根本から改善するにはまず大元の歪んだ骨格の矯正をする必要があります。

次に正しい姿勢になったら、固まってしまった筋肉に血流を戻すために特殊電気治療や温熱療法、筋肉の手技によるアプローチやストレッチを行い、固まった筋肉の緊張を緩和させ関節可動域を広げます。

最後になぜ「四十肩・五十肩」になってしまったのかを患者様の日常生活や仕事内容により検証させていただき、「弱ってしまった筋肉の強化」を行い「再発予防・防止」を行っていきます。

四十肩・五十肩の痛みでお困りの方は、ぜひ一度当院までご相談ください。

お問合せはこちら|新潟市江南区さとう鍼灸接骨院

今すぐ!お問合せご相談ください!!

各種保険取扱・交通事故・労災

さとう鍼灸接骨院

tel:0253848316

TOPへ戻る