• HOME
  • >ヘルニアのお悩み

ヘルニアのお悩み

  • コルセット無しの生活は考えられない
  • おしりや太ももの後ろが痛い・しびれて、立っていられない
  • ヘルニアの治療を何年も受けているが効果を感じられない
  • 椎間板ヘルニアは手術するしかないと医師にいわれ、悩んでいる
  • ぎっくり腰を頻繁に起こす

ヘルニアが起こる原因とは?

ヘルニアの検査風景

腰椎椎間板ヘルニアとは、椎間板にある髄核が度重なる腰への負担により、後ろに飛び出てしまって神経に触れて痛みがでてしまう状態のことを言います。
腰痛の原因は多岐にわたっており、一言で原因を言い切ることはできません。 急性のぎっくり腰の場合、腰を支える靭帯や筋肉に急に負荷がかかり、損傷を受け、それが神経に「痛み」を伝達すると言われています。ちょうど腰椎の捻挫を起こしたような状態なので、「腰の捻挫」とも言われます。
慢性的な腰痛は、日常生活、仕事の姿勢や運動不足や食生活が大きく関係しているケース、肥満が原因で体のバランスが悪くなっていたり、過度なデスクワークによるケースなど・・・原因はその人それぞれで千差万別なのです。
また、妊娠・出産後の骨盤のゆがみ、体重の増加、長時間の姿勢維持などで腰の筋肉に負担が蓄積された結果、起こるということも多いです。
腰に少しでも不調を感じたら、できるだけ早めに当院にご相談ください。

ヘルニアの痛みが続く・悪化する理由

ヘルニアのイメージ画

ヘルニアは、腰の回りの筋力の低下や柔軟性の低下などで腰の痛みがなかなか治らなかったりすることで、悪化することもあります。
また、ヘルニアは猫背などの悪い姿勢で生活していることも原因としてあげられます。その他には、骨盤の歪み、筋肉バランスの崩れ、肥満やスポーツで腰に過度の負担がかかるなどがあります。
病院の治療でヘルニアと診断された方は、痛みの悪化を防ぐためにも、早めにリハビリや手術など適切な処置を受けた方が良い場合もあります。
筋肉の緊張を長期間そのままにしておくと、筋肉が萎縮し、慢性的な痛みに変化・移行します。
また、骨格の歪みや悪い姿勢の状態にしておくことで、椎間板が圧迫され、腰椎椎間板ヘルニアや腰椎脊柱管狭窄症が引き起こされ、足がしびれたり、力が入らなくなったりすることにもつながります。
坐骨神経痛やぎっくり腰も腰椎椎間板ヘルニアに似た症状が出現する場合があるので注意が必要です。
腰に痛みを感じたら早期にみてもらうことをオススメします。

さとう鍼灸接骨院のヘルニアの施術法は?

ヘルニア

一般的なヘルニアの治療でよくあるケースが、痛みの部分だけに気を取られて、全体のバランスを見過ごすことです。
しかし、当院の施術ではまず、骨格や姿勢をチェックすることから始まります。
骨格や姿勢の歪みは、腰への負担だけでなく、「痛み」を引き起こす原因にもなります。
当院は、痛みを引き起こす原因を正確に見極め、その部位をピンポイントに施術することで、最小限の刺激で最大限の効果を引き出すことを目的とします。
また、施術後も再発・リバウンド防止に努め、日常の生活習慣見直しから指導させていただきます。
少しでも腰に違和感を感じられたら、新潟市さとう鍼灸接骨院までお越しください。

お問合せはこちら

今すぐ!お問合せご相談ください!!

各種保険取扱・交通事故・労災

さとう鍼灸接骨院

tel:0253848316

院の外観

受付表

                                     
店舗名:さとう鍼灸接骨院
住所: 〒950-0151 新潟県新潟市江南区亀田四ツ興野2丁目5−8
電話番号: 025-384-8316
平日: 9:00~12:00/15:00~20:00
土曜: 9:00~14:00
日祝: 休診日
駐車場: 20台
施術者: 佐藤恵介

TOPへ戻る