• HOME
  • >オスグッド病

オスグッド病

このようなことでお悩みではありませんか?

オスグッド病

  • 膝のお皿の下の骨が出っ張ってきた
  • 骨の出っ張りが痛くて正座が出来ない
  • スポーツをしていて膝が動くたびに痛みが走る
  • 整形外科に行ったが膝の症状の改善がみられなかった
  • ストレッチをしているが膝の症状が治まらない

オスグッド病はなぜ起こる?

オスグッド病とは、簡単に言いますと、大腿部の前面の筋肉が付着部である脛骨粗面(脛の前)の骨を引っ張ってしまって、骨が出っ張ってしまう状態のことです。

このオスグッド病ですが、実は、小学生や中学生のスポーツをよくする学生に多く発生します。

特に好発するスポーツでは、サッカーや陸上競技、バスケットボールやバレーボールなどの「膝の曲げ伸ばしが多い競技」で特に多くみられ、膝の屈伸の時に使用する大腿四頭筋が活発に働きます。

大腿四頭筋が活発に働くと筋肉は疲労し緊張が高まり柔軟性を失い、大腿四頭筋が付着している脛骨粗面部に過剰な牽引力が加わり結果、脛骨粗面の隆起となるのです。

小学生や中学生では骨が脆弱で筋肉の牽引力に負けてしまい脛骨粗面部が引っ張られてしまうのです。

 

その結果、「膝のお皿(膝蓋骨)の下の脛骨粗面部を押さえると痛い症状」や、「大腿四頭筋という筋肉を使う際(走る・跳ぶ等)に痛みが生じる症状

が起こることになります。

このような状態や症状の事をオスグッド・シュラッター病と言います。

オスグッド病で痛みが治らない・悪化する理由

オスグッド病は、脛骨粗面を引っ張っている原因の筋肉に対してアプローチをいたします。

しかし、実は、このオスグッド病、脛骨粗面を引っ張っている大腿四頭筋だけが膝の痛みの症状を引き起こしているのでは、ありません。一般的な「オスグッド病」の治療は、痛みを引き起こしている原因筋の筋肉を専用のバンド等を使い抑え込むことで大腿四頭筋の筋活動を低下させ、膝のお皿(膝蓋骨)の下の骨の出っ張りの脛骨粗面部に加わる牽引力を抑え込みます。

しかし、前述したように、大腿四頭筋だけが痛みや症状の原因ではない為、一般的な処置だけでは、症状が一時的に良くなっても運動を再開しますと再び症状が再発してしまうのです。

つまり、対処療法では、根本的なオスグッド病の解決にはならないのです。また、一般的にこのオスグッド病は、膝の使い過ぎである「膝蓋靭帯炎」や「ジャンパー膝」などと発生機序や症状が似ているため、その処置である「安静」だけでよくなるかな。と勘違いされることが多い症状です。「膝関節のテーピング膝関節のテーピング」のフリー写真素材を拡大

実は、原因は別のところに隠れていることが多く、オスグッド病を放っておくと症状がどんどん悪くなり、大切な試合に間に合わない!なんてことにもつながってしまいます。そのため、オスグッド病に関わらず、「膝の痛み・症状」が出てきましたら迷わず早急に整形外科や接骨院・整骨院を受診することが大切です。

 

 

 

新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院のオスグッド病に対する治療法は?

新潟市江南区のさとう鍼灸接骨のオスグッド病に対する施術・治療法は、まず、何が原因でオスグッド病になってしまったのか。

なぜ、こちら側(右と左)にオスグッド病が出てしまったのかを検証します。

新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院では、そのことを踏まえて、姿勢から改善していきます。まずは「骨格矯正」や「骨盤矯正」を行い正しい姿勢づくりを行います。これにより、片側だけにかかっていた体重を左右均等にかかるように致します。

次に長い間、体重の負担が掛かり続けて固くなってしまった筋肉に対して電気治療や手技やストレッチなどを行い、固くなってしまった筋肉の緊張を緩和し、症状の改善に努めます。

最後にオスグッド病の症状が再発しないようにメンテナンスや自宅でできるストレッチなどを行っていきます。

・スポーツをしていて膝が痛い・・・
・安静にしていても膝の痛みが引かない・・・
・大会が近いのに膝の症状が治まらない・・・
など。

オスグッド病でお困りの際には、新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院へご相談ください。

さとう鍼灸接骨院はそんな患者様の味方です!何卒宜しくお願い致します。

 

お問合せはこちら|新潟市江南区さとう鍼灸接骨院

今すぐ!お問合せご相談ください!!

各種保険取扱・交通事故・労災

さとう鍼灸接骨院

tel:0253848316

TOPへ戻る