• HOME
  • >テニス肘

テニス肘

このようなことでお悩みではありませんか?

  • パソコンやマウスを使うのが痛くて
            仕事がはかどらない
  • サポーターをしているけど一向に治らない
  • 肘の痛みがひどくて仕事を続けられるか不安
  • 手に力が入りにくくて握力の低下を感じる
  • 物をつかんで持ち上げたり
         ドアノブを回す時に肘が痛い

テニス肘はなぜ起こる? | 新潟市江南区 さとう鍼灸接骨院

テニス肘とは、テニスのバックハンドを多用した時に起こる
肘の外側の筋肉の炎症の事です。


しかしこのテニス肘ですが、実はテニスだけが原因ではありません
現在では、肘の外側の筋肉の使い過ぎによる炎症の総称として
「テニス肘」という名称が用いられております。

では、なぜ肘の外側が炎症を起こすのでしょうか?

実は肘の外側には「上腕骨外側上顆」という骨の出っ張りがあり、
そこには指や手首を動かすための筋肉、特に手首や手の甲を持ち上げる動作や
肘を曲げる動作の時に使う筋肉が肘の外側には数多く付着しています。

原因のスポーツとしてテニスが多いのは、テニスのバックハンドストロークで
ボールの勢いに負けないように手首をしっかり固定させて打ち返すためです。

 


つまり、手首を固定させる筋肉に過剰なストレスが加わり続けた結果、手首を動かすための筋肉が数多く付着している上腕骨外側上顆(肘の外側)が筋肉によって引っ張られ続けて、痛みや炎症の症状が生じます。

日常生活でも、キーボードを良く打つ方タオル等を絞る動作の多い方、あるいは、
重い鞄を持ち上げた際やドアノブを捻った際にもテニスの
バックハンドと同じように
指や手首を動かす筋肉を良く使うため上腕骨外側上顆(肘の外側)に痛みが生じることが
あります。

テニス肘での痛みが治らない・悪化する理由 | 新潟市江南区 さとう鍼灸接骨院

テニス肘の原因は手首や指を動かす筋肉に過剰な負荷が加わり、
筋肉の付着部の上腕骨外側上顆(肘の外側)が筋肉により引っ張られて
痛みや炎症の症状が起こります。

手首や指を動かす際に痛みが出ている場合は、
指や手首をサポーターやテーピングなどで固定して
筋肉の負担を軽減してあげれば治るのではないかな…
と考える方もいると思います。

確かに患部の炎症の軽減にはつながりますが、
残念ながら根本的な症状の解決には至りません。

また手首や指を固定してしまうと日常生活に支障が生じる事もあり、
肘をかばった生活になってしまい、今度は別の関節が痛くなるということもあります。

つまり、テニス肘の症状は患部だけを治療・施術しているだけでは治りにくく、
次第に症状が悪化していくのです。

テニス肘の症状の改善には、テニス肘を起こしてしまった原因の筋肉や関節の
改善をしていかないと痛みや炎症の本当の意味での完治はしないのです!

 

新潟市 さとう鍼灸接骨院のテニス肘に対する治療法は? | 新潟市江南区 さとう鍼灸接骨院

さとう鍼灸接骨院では、治療の前にまず始めに
「どこの筋肉や関節が痛くなってしまったのか」について詳しく
お話しを聞かせていただきます。

テニス肘が「どこが原因になっていてどこから始まったか」の原因を調べ、骨格や骨盤の歪みの矯正を行い、身体のバランスを整えます。
骨盤や骨格などを矯正すると、土台から体のバランスが改善されますので
スポーツで崩れてしまったフォームや日常生活の姿勢やバランスの改善につながります。

矯正により正しい姿勢になったら、肩や首、肘や手首、背中や臀部の筋肉の緊張に対してアプローチをします。
当院では、緊張していたり、炎症を起こしてしまった筋肉に対して特殊な電気治療器や
手技や超音波を用いることによってアプローチをし、炎症の改善や緊張を緩和します。
また、手技の施術を行うことで関節の可動域の改善を行い、テニス肘の症状の改善へと
導きます。

最後にテニス肘の症状が再発しないように予防として、ストレッチや正しい姿勢の
アドバイスを行い、テニス肘の原因となる骨盤や骨格の歪みの再発しない
体づくりのお手伝いをさせていただきます。
テニス肘でお困り・お悩みの際には、
ぜひ!当院で施術を受けてみてはいかがでしょうか。

お問合せはこちら|新潟市江南区さとう鍼灸接骨院

今すぐ!お問合せご相談ください!!

各種保険取扱・交通事故・労災

さとう鍼灸接骨院

tel:0253848316

TOPへ戻る