• HOME
  • >変形性膝関節症

変形性膝関節症

このようなことでお悩みではありませんか?

  • 膝の曲げ伸ばしが痛くて出来ない。
  • 整形外科で膝の水を抜いたり注射を打っているがなかなか症状が改善しない
  • 立ったり座ったり歩いたり、膝を動かし始める時に膝が痛む
  • 歩くときに膝が不安定になって踏ん張りがきかない
  • 坂道や階段を登り降りする時に膝が痛み買い物にも行けなくなった

変形性膝関節症はなぜ起こる?

変形性膝関節症とは膝を構成する骨や軟骨が加齢と共に変形し膝の痛みを引き起こすものです。

変形性膝関節症の原因は、膝関節に日常生活やスポーツ、仕事などで長い年月負担が掛かり続けて起こります。膝や股関節は体重を支える働きのある関節であり、体重を常に支えていて負担が掛かってしまう関節のため、年齢と共に変形していきます。関節痛の男性のイラスト

変形性膝関節症は膝の関節の骨や軟骨の変形だから整形外科病院や医療機関では「年のせいだから」「治らないので付きあいながら」「とりあえず痛み止めを打ってきましょう」「とりあえず水を抜きましょう」などと言われることが多いようです。

 

骨や軟骨や半月板などの変形は残念ながら膝関節は年齢と共に起こり進んでいきます。その為、この膝関節の変形をいかに予防するかが変形性膝関節症を減らすカギになります。

変形性膝関節症で痛みが治らない・悪化する理由

変形性膝関節症の悪化する原因はなんでしょう?

膝関節は身体の体重を支えている関節ですので、必然、常に荷重が掛かっています。
その為に次第に膝関節に負担が掛かり続け変形性膝関節症になってしまうのです。
しかし、その膝関節は歩くときに重要な関節でもあります。

 

では、膝関節を動かしているのは、何でしょう?

それは、膝関節の周りの筋肉です。この筋肉は、主に大腿部の前と後ろにあります。変形性膝関節症では、骨や軟骨だけでなく筋肉の筋力低下や緊張(拘縮などによる)も大きな原因になるのです。
この膝関節を安定させているのは膝の前側の上にある大腿四頭筋と言う筋肉や筋膜です。その筋肉や筋膜は絶えず伸縮を繰り返すうちに慢性的な疲労状態となります。大腿四頭筋の筋肉や筋膜は疲労することで拘縮し関節運動が低下し新たな血流を受け入れることが出来ず酸素不足から痛みを出す状態になります。膝の関節を動かす筋肉や筋膜が年齢とともに拘縮を起こし血流不足も引き起こします。

 

つまり、膝関節の筋肉の毛細血管の圧迫が起こり、膝関節の変形がより加速し悪循環となるのです。
つまり「関節の血流障害」→「筋力の低下」→「関節の負担増加」→「関節の変形」となるのです。

新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院の変形性膝関節症に対する治療法は?

新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院では、まず、正しい姿勢作りから始まります。変形性膝関節症は、猫背や中腰の姿勢を続けることで、腰が丸くなり重心が下がり、膝を常に曲げた状態で生活することになります。整体の施術のイラスト

膝を曲げて歩くことで、筋肉や骨や半月板などの軟部組織に負担が掛かり変形性膝関節症が進行するためです。つまり変形性膝関節症と姿勢は密接な関係があるのです。

次に膝関節の水が溜まっている場合は、特殊な電気治療器やテーピングや湿布、包帯などを行い腫れを抑え、関節の可動域を広げていきます。

次に膝関節の安定性を出すために筋肉に対してアプローチをしていきます。実は膝の関節を動かす筋肉と膝関節の安定性を出す筋肉は別の筋肉になります。

その為、関節可動域訓練とは別に膝関節の安定性を出す筋肉に対して筋力強化訓練をする必要があるのです。新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院では、変形性膝関節症の施術の着地点は症状の改善と日常生活の安定にあると考えております。

残念ながら一度変形してしまった骨の変形はもとには戻りません。

しかし、変形性膝関節症の症状は、姿勢や筋力の低下や膝関節の安定性の改善を行うことで抑えていくことが可能です。変形性膝関節症の症状を抑えて楽しい日常生活に戻っていただくことが新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院の願いです。

 

変形性膝関節症の症状でお悩みの際には、ぜひ、新潟市江南区のさとう鍼灸接骨院の施術を受けてみてはいかがでしょうか。

何卒宜しくお願い致します。

お問合せはこちら|新潟市江南区さとう鍼灸接骨院

今すぐ!お問合せご相談ください!!

各種保険取扱・交通事故・労災

さとう鍼灸接骨院

tel:0253848316

TOPへ戻る