捻挫

このようなことでお悩みではありませんか?

捻挫_イラスト

  • つらい捻挫を起こしてしまって、      どうしたらいいかわからない
  • 前にも同じところを捻挫してしまって    捻挫の癖がついている
  • 病院でレントゲンを撮ったが「捻挫」と言われ湿布しかしてもらえなかった
  • テニスや野球をしていて腕を振った時に   急に肘や肩が痛くなった
  • スポーツをしていて            捻挫のテーピングをしてもらいたい

捻挫が癖になっていませんか?捻挫の起こりやすい理由とは?|新潟市江南区 さとう鍼灸接骨院

捻挫とは、関節の可動域を超えた外力が急に体にかかり、
関節を止めている靭帯や筋肉の損傷することをいいます。捻挫イラスト

特に起こりやすい関節が、足関節、膝関節、肩関節です。

特に多い原因としまして、
スポーツやお子様の運動会に参加するなど、
急な運動が身体の負担になり関節の運動許容範囲を超えることで捻挫は起きます。

日常生活や仕事の疲れで身体のメンテナンスや体調管理は難しいものです。

捻挫は体調管理と密接な関係があり、
「運動不足」や「筋肉の疲労」が原因になります。

また、「捻挫は放っておけば、そのうち治るだろう」と甘く見ていると、
どんどんクセになってしまいます。

一度捻挫をすると関節の可動範囲を正常に保っている靭帯に
「緩み」が生じてしまいます。

捻挫をしてしまった際に、この「緩み」を的確に処置しなければ、
再び捻挫をしやすい状態=捻挫がくせになった状態となってしまうのです。

捻挫での痛みが治らない・悪化する理由とは?|新潟市江南区 さとう鍼灸接骨院

捻挫と聞くと
「骨に異常がないから大丈夫」
「歩けるから大丈夫」
「膝が曲がるから大丈夫」など、
症状を軽んじてしまい適切な処置をせず放ってしまいがちです。

また、足首の関節を捻挫で痛めてしまう組織は
靭帯や骨ばかりではありません。

足首の関節を捻ることで関節の可動域が正常範囲を超えてしまい
筋肉や筋膜も痛めてしまいます。

その為、筋肉や筋膜が引き伸ばされないように、
固くなって関節の可動範囲を狭めてしまうのです。

つまり、捻挫に再度なりやすくなってしまうのです。

このように捻挫での靭帯の損傷は強い急性の痛みを引き起こすと同時に、
筋肉や筋膜からくる症状も併発してしまうために捻挫の症状が長引き、
悪化してしまう原因になるのです。

新潟市 さとう鍼灸接骨院の捻挫に対する治療法は?

新潟市にあるさとう鍼灸接骨院の捻挫の処置は、
捻挫になった直後の痛みを抑える鎮静効果の高い特殊電気機器を用います。

その為、患部の施術だけでなく周辺部位からも捻挫に対する
アプローチをしていきます。

また、スポーツの捻挫は受傷直後と受傷して数日が経過したものでは
治療方法が変わります。

当院では、捻挫の受傷時期によってストレッチやアイシング、
固定療法を使い患部の施術を行います。

手技の治療においては、関節や筋肉、神経系にまでアプローチをしていき、
捻挫の症状により動かしていない筋肉や、捻挫によりかばってしまった
体の他の関節や筋肉に対して、マッサージ療法、ストレッチ、
筋力トレーニングをして、同じ関節の捻挫を再発しないように努めます。

その為、捻挫を起こしてしまった際には治療が早ければ早いほど、
早期の回復に繋がります。

つまり、捻挫の処置が早ければ早いほど後遺症を残し辛いのです。

当院では、捻挫の際には早期のご来院をお勧めいたします。

さとう鍼灸接骨院では、捻挫を根本から治すことを目的としております。

捻挫の再発しない楽しい生活やスポーツライフ、
部活動を送っていただくためにスタッフ共々一生懸命
サポートさせていただきます。

捻挫の際には、ぜひ!当院の施術を受けてみてはいかがでしょうか。

お問合せはこちら|新潟市江南区さとう鍼灸接骨院

今すぐ!お問合せご相談ください!!

各種保険取扱・交通事故・労災

さとう鍼灸接骨院

tel:0253848316

TOPへ戻る