• HOME
  • >ランナー膝のお悩み

ランナー膝のお悩み

このようなことでお悩みではありませんか?

  • ランニングの際、膝の外側やお皿の下が痛くなる
  • 膝の屈伸運動をすると膝が痛くなる・音が鳴る
  • 正座をした時に膝の内側に何か挟まっている感覚がある
  • 階段の上り下りなど膝に体重が掛かると痛い
  • 気になるので整形外科に行ったが湿布だけで症状が改善されていない

ランナー膝はなぜ起こる?

ランナー膝は簡単に言いますと、膝の曲げ伸ばしの使い過ぎによる腸脛靭帯の腱の部分の炎症のことです。

なぜランナー膝と呼ばれるのでしょうか?
それは、ランニングやマラソンをしている方に多く、膝の屈伸が頻繁に起こるため炎症が起こりやすいためです。
ではランナー膝はなぜ起こるでしょうか?膝で炎症が起こりやすい筋肉は、腸脛靭帯と言って、大腿部の外側をおおっている長い靭帯です。

この腸脛靭帯は膝の外側の安定を保つ役割を
果たします。
腸脛靭帯は、長時間のランニングや階段の
昇り降りなどで、体重が外側にかかることが多く、
その結果、膝の外側の靭帯である腸脛靭帯に
負担を与えてしまうのです。

ランナー膝は、使い過ぎによる炎症のことですが、
「安静」だけでは、改善しない場合が多いです
ランナー膝が起こってしまった原因を突き止め、
原因の改善を行い、痛みの根本的な解決や再発防止のためには、
やはり早期の接骨院にお越しいただくことをお勧めいたします。

ランナー膝で痛みが続く・悪化する理由

ランナー膝の痛み解消されない、または悪化する要因は大きく分けて2つです。
1つ目は、ランナー膝の痛みが出ている大腿筋膜腸筋や大殿筋などの「筋肉の使い過ぎによる柔軟性の低下」です。
筋肉は使い過ぎにより酸欠となり、筋肉の柔軟性が低下し肉離れを引き起こします。
それにより、肉離れを起こした組織は、瘢痕組織と言って、伸び縮みしない組織で肉離れの傷口をふさぎます。

 

 

 

 

その為、再度膝を使った時に症状が再発しやすくなり結果、ランナー膝の痛みが続くのです。次に2つ目の原因ですが、実はこれが大切で、ランナー膝の場合、特に多いのが「痛みを発している筋肉」に原因がなく、姿勢や走行時のフォームに問題がある場合が多いです。

この場合、姿勢の改善や骨盤の矯正、股関節の柔軟性など、あらゆる角度から原因を検証する必要があり、「安静にするだけ」では、ランナー膝の根本的な解決には至らない場合があります。
このように大きく分けてランナー膝には2つの原因が考えられます。
ランナー膝になってしまった際には、早期に接骨院でみてもらうことをお勧めするとともに、ランナー膝の根本的な解決を目指してください。

さとう鍼灸接骨院のランナー膝に対する施術とは?

当院のランナー膝に対する施術は、まず重心のかけ方や走行のフォームを確認します。
それをすることで、左右の重心のずれや
バランスの取り方の違いが分かります。
重心やバランスのずれは、骨盤や骨格の歪みが
原因で起こることが多いので、まずは、「骨盤矯正」や「骨格矯正」を行って、関節の動きや姿勢の改善に努めます。
次に姿勢を改善し、正しい骨格や骨盤に整ったら、筋肉に対するアプローチです。
姿勢の歪みや乱れたフォームにより、筋肉の疲労にも左右差が起こります。
その為、筋肉の左右の硬さのバランス調整が必要になります。

手技やストレッチ、電気施術などを行い、筋肉を本来の柔軟性回復に努めます。
最後に、今後また同じ姿勢の乱れやランナー膝が再発しないように、ランナー膝を引き起こした原因の筋肉の強化を行い、サポーターに頼らない、正しい姿勢やフォームを維持できるようにします。
また、自宅でできるストレッチや筋力トレーニングの助言をさせていただき、再発防止に努めます。

ランニングの際に痛みがいつまでも消えない・・・

安静にしても膝の痛みが治まらず屈伸すると痛みが強くなる・・・

などでお悩みの方。
実は「ランナー膝」かもしれません。
ランナー膝でお困りの際には、新潟市さとう鍼灸接骨院の施術を受けてみてはいかがでしょうか。

お問合せはこちら|新潟市江南区さとう鍼灸接骨院

今すぐ!お問合せご相談ください!!

各種保険取扱・交通事故・労災

さとう鍼灸接骨院

tel:0253848316

院の外観

受付表

                                         
店舗名:さとう鍼灸接骨院
住所: 〒950-0151 新潟県新潟市江南区亀田四ツ興野2丁目5−8
電話番号: 025-384-8316
平日: 9:00~12:00/15:00~20:00
土曜: 9:00~14:00
日祝: 休診日
駐車場:20台
施術者: 佐藤恵介

TOPへ戻る