さとう鍼灸接骨院のスタッフブログ

  • HOME
  • >ブログ
  • >ランナー膝について 新潟市江南区さとう鍼灸接骨院

ランナー膝について 新潟市江南区さとう鍼灸接骨院|2018/02/27

こんにちは!新潟市江南区さとう鍼灸接骨院の栗原です。

 

ここ何日か晴れの日が続いていて気持ちいいですね!

道路の雪もだいぶ解け始めて、院の駐車場もすっきりしてきました。

もう少しで三月ですし、春がやってきそうでうれしいです。

 

さてこの前は東京マラソンもありました。

これからどんどん運動しやすい時期になってきますが、これから多くなってくるランナー膝についてのお話です。

ランナー膝とは正式名称腸脛靭帯炎といい、その名の通りランナーがかかりやすいためランナー膝と呼ばれています。

腸脛靭帯は大殿筋と大腿筋膜張筋と呼ばれる股関節の運動にかかせない筋肉から膝の外側までのびて付着している長い靭帯です。

ランナー膝はランナーのように膝の屈伸動作が多い運動で大殿筋や大腿筋膜張筋の影響で腸脛靭帯が炎症を起こし、膝外側に痛みが走る症状です。

 

ランナー膝の原因は主にオーバーユースなどがあげられますが、ランナー膝の本当の原因は

姿勢からきていることが多いのです。

ランナー膝では大殿筋や大腿筋膜張筋などの筋肉が緊張が強くなります。

ランナー膝は単に使い過ぎだけではなく、姿勢により腸脛靭帯に緊張が走りやすい状態になっていることが多いのです。

 

骨盤の位置が悪いと、股関節の本来の動きができず股関節まわりの筋肉に負担がいきます。

そうすると、使う筋肉が限られてきてランナー膝になります。

 

 

ランナー膝の症状がでたらまずは運動を休止して安静。炎症があればアイシングなどでランナー膝の炎症を抑えます。

その後ランナー膝の炎症がおさまったら姿勢の矯正や筋肉の緊張をとる治療を行いランナー膝になりやすい身体の改善を行っていきます。

フォームがランナー膝の症状を悪化させてる場合もあるのでフォームの改善も併せて行います。

 

繰り返しランナー膝の症状を繰り返す方やランナー膝の症状が治りにくい方は姿勢が原因かもしれません。

ランナー膝でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください!

 

ランナー膝を治して、これからの季節気持ちよく運動していきましょう。

ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m

新潟市 さとう鍼灸接骨院の公式サイト

新潟市 さとう鍼灸接骨院の交通事故専門サイト

おかげさまで新潟県口コミNo1 

新潟市 さとう鍼灸接骨院のエキテン

新潟市江南区亀田四ツ興野4-2-5-8

025-384-8316

【受付時間】

月曜日~金曜日 9時~12時 / 15時~20時

土曜日     9時~14時

日曜日・祝日  休診

ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m

お問合せはこちら|新潟市江南区さとう鍼灸接骨院

今すぐ!お問合せご相談ください!!

各種保険取扱・交通事故・労災

さとう鍼灸接骨院

tel:0253848316

TOPへ戻る