さとう鍼灸接骨院のスタッフブログ

  • HOME
  • >ブログ
  • >野球肘について 新潟市江南区さとう鍼灸接骨院

野球肘について 新潟市江南区さとう鍼灸接骨院|2018/03/20

こんにちは!新潟市江南区さとう鍼灸接骨院の栗原です。

 

選抜高校野球大会が23日から始まりますね!

毎年甲子園の時期は新潟県の代表が出る試合は必ずチェックしています。

今回の大会は新潟県からは選ばれなかったのは残念ですが、高校野球を

見ていると色んなドラマがあって面白いですね。

やはり優勝候補は大阪桐蔭でしょうか?

どこが勝っても負けてもいい試合を期待したいですね(^^♪

 

 

さて今日は野球関連で野球肘についてのお話です。

野球肘とは、野球によって生じる肘の痛みの総称ですね。

リトルリーガーズエルボーと言ったりもします。

 

野球肘の原因は主に投げすぎなどのオーバーユースで発症することが

多いですが、投げすぎてなくても野球肘は発症します。

その野球肘の原因はフォームの悪さと、姿勢です。

 

野球の投球動作というのは非常に複雑な動きが一体となって動いており

下半身の力を体幹~肩~肘~腕~手~指まで連動させ力を逃がさないように

伝えて投げるのが理想的な投球動作です。

この投球動作の流れが崩れると野球肘になりやすいのです。

野球肘になりやすい子というのはこの力の流れができていないフォームのまま

投げすぎたり、速いボールを投げようと全力投球を繰り返したりすることによって

野球肘になるんですね。

ではなぜ野球肘になりやすいフォームができてしまうのかというと、姿勢や身体の硬さに起因することも多いのです。(もちろん、指導者の野球肘になりにくいフォーム指導や投球回数指導の問題もあります)

 

姿勢の悪い子は猫背によって肩関節が前方に移動していたり、骨盤の位置が悪く下半身の力をうまく上へ伝えられないことによって肘に負担がきて野球肘になることも多いんですね。

なので姿勢の悪さからくる野球肘は、フォームの修正の前にまず姿勢の矯正が必要になってきます。

 

慢性的な野球肘でお悩みの方、治療を続けているが野球肘がよくならない方などぜひ一度新潟市江南区さとう鍼灸接骨院にご相談ください。

 

また急に肘が痛くなった、野球肘だけど試合にでなければならないなどでもテーピングや一時的にでも炎症を抑える治療もできます。

 

野球肘でお悩みの方、ぜひ一度新潟市江南区さとう鍼灸接骨院にご相談ください。

ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m

新潟市 さとう鍼灸接骨院の公式サイト

新潟市 さとう鍼灸接骨院の交通事故専門サイト

おかげさまで新潟県口コミNo1 

新潟市 さとう鍼灸接骨院のエキテン

新潟市江南区亀田四ツ興野4-2-5-8

025-384-8316

【受付時間】

月曜日~金曜日 9時~12時 / 15時~20時

土曜日     9時~14時

日曜日・祝日  休診

ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m ねこ+しっぽふりふり_m

お問合せはこちら|新潟市江南区さとう鍼灸接骨院

今すぐ!お問合せご相談ください!!

各種保険取扱・交通事故・労災

さとう鍼灸接骨院

tel:0253848316

TOPへ戻る