• HOME
  • >産後骨盤矯正

産後骨盤矯正

このようなことでお悩みではありませんか?

  • 出産後から腰痛、股関節痛があり、なかなか治らない
  • 出産前のズボンが履けなくなってしまった・・・
  • 出産前と比べて姿勢が悪くなり、周りからよく猫背だといわれる
  • 出産前と比べて肩こりがひどくなり頭痛もするようになった
  • 授乳姿勢や抱っこの姿勢がつらい
  • 出産前と比べて疲れやすくなってしまった

産後骨盤矯正って本当に必要なの?|新潟市江南区 さとう鍼灸接骨院

体のバランスが崩れる妊娠中に緩んで広がった骨盤は、出産後3~4ヶ月かけてゆっくりと元の状態に戻って固まっていきます。

骨盤が自然と正常な状態に戻ってくるのが理想ですが、妊娠前に骨盤の歪みがあったり、妊娠中に体のバランスが崩れたり、姿勢が猫背になる為、正常な位置に戻りにくくなります。

また、妊娠中は骨盤を開きやすくする為、女性ホルモンが分泌されます。

そのため、まだ骨盤の軟らかい産後3ヶ月頃までに横座りや椅子での足組み、猫背といった体を歪める姿勢をとると、骨盤や背骨の歪みが出現し体のバランスが崩れてしまいます。そうすることで骨盤は正常な位置に戻らず、歪んだまま固まってしまいます。このまま歪んでしまった骨格や骨盤を放置すれば、血液の循環やリンパの流れが悪くなり、代謝の低下により太りやすくなるほか、肩こり、腰痛、むくみ、冷え性や不妊などにつながります。妊娠中に感じていた不調はもちろん、これまで感じることがなかった不調やトラブルを防ぐためにも、骨盤を正しい状態に整えることが重要になってきます。

産後骨盤矯正をすることでどんな効果があるの? |新潟市江南区 さとう鍼灸接骨院

産後骨盤矯正では、まず初めに歪んでしまった骨格や姿勢を治すことで骨盤の開きを正常に戻します。

骨盤や骨格は矯正施術を行うことで本来の正しい姿勢に戻り、骨盤や背骨についている筋肉の緊張が緩和し骨盤を本来の位置に誘導させてくれます。

産後骨盤矯正を行うことで正しい本来の姿勢に戻り、その後の腰痛などを防ぎます。

妊娠で歪んでしまった背骨を矯正することで、筋肉の緊張で調節がうまくいかなかった自律神経系の調節ができ、出産後のうつや育児ストレスからくる不眠や肩こり、頭痛などの精神面と関係する症状にも効果的です。

出産後のホルモンバランスの乱れが整っていき、出産や育児での消耗した体力の回復をサポートします。

産後骨盤矯正の効果また産後骨盤矯正を行うことで、骨盤の周囲の血液循環やリンパの流れがよくなり、代謝が上がってむくみの防止や冷え性の改善、猫背から来る肩こりや骨格のから来る腰痛の改善、体重・体型が元に戻りやすくなります。

産後の骨盤のケアを行うだけで、その後に起こる様々な症状を未然に防ぐこともできますので気になる方はぜひ一度当院にご相談ください。

新潟市江南区 さとう鍼灸接骨院の産後骨盤矯正とは?

新潟市江南区にあるさとう鍼灸接骨院の「産後骨盤矯正」はソフトな矯正法です。

骨をボキボキ鳴らしたり、急激に強い力を加えることはありません。また、当院の産後骨盤矯正は、骨盤だけでなく全身へとアプローチを行っていきます。

まず頚椎から胸椎、腰椎を矯正することで姿勢を改善し全身の筋肉の緊張を緩め、血液循環やリンパの流れの改善や猫背の改善を行います。そうすることで開いてしまった骨盤が、正しい姿勢や筋肉の正しい働きにより引き締まってきます。

血液循環の改善による頭痛の防止、冷え性の改善。リンパの流れの改善によるむくみの防止。猫背の改善や正しい姿勢を作ることによって腰痛や肩こりの改善。背骨の歪みから来る筋緊張の改善をすることで自律神経を調節し不眠症やストレスの軽減が期待できます。しかし、一度ですべて改善されるわけではなく、骨格を整えながら筋肉の緊張の調節を徐々に行うことで体に定着していきます。徐々に調節することによって出産後や育児で消耗してしまった体力に負担を極力かけずに体の状態を正しい位置に変化させることが出産後のお母様にとって一番大切です。

産後骨盤矯正はいつから受けられますか? |新潟市江南区 さとう鍼灸接骨院

産後骨盤矯正は、出産後2ヶ月~6ヶ月ぐらいまでに行うのがおすすめです

産後1ヶ月は悪露が出るなど、まだ出産の影響が体に残っています。また著しい体力の低下が見られますので無理に産後骨盤矯正を始めてしまうと、悪露が出きらないこともありますので、焦らず1ヶ月は安静に過ごしてください。また、産後6ヶ月たつと女性ホルモンの分泌量が定着し骨盤が閉じた状態になり、一度閉じてしまうと骨格が動きづらくなりますのでそれまでに産後骨盤矯正をしておいた方が良いです。

どのくらいのペースで通えばいいの?|新潟市江南区 さとう鍼灸接骨院

出産によって女性ホルモンの分泌が盛んになり、出産後大体6ヶ月で女性ホルモンの分泌が落ち着き骨盤が硬くなりやすくなります。つまり、骨格矯正を行っても骨盤自体がやわらかい時期ですので元に戻りやすい為、大体一週間に1回または2週間に1回くらいのペースで骨盤矯正を行い、その都度正しい姿勢や骨盤の位置に矯正が必要だと考えます。

また来院されないときには骨盤ベルトで苦しくない程度に骨盤を引き締めておいた方が状態が定着していきます。

この状態を維持していくことで、開いた骨盤がしまった状態に定着していきます。

産後骨盤矯正に興味のある方はぜひ一度当院までご相談ください。

お問合せはこちら|新潟市江南区さとう鍼灸接骨院

今すぐ!お問合せご相談ください!!

各種保険取扱・交通事故・労災

さとう鍼灸接骨院

tel:0253848316

TOPへ戻る