• HOME
  • >骨盤矯正・産後骨盤矯正

体の不調・痛み(骨盤矯正)

  • 原因不明の不調・痛みがある
  • 出産してから腰痛が辛い
  • 背骨が曲がっている気がする
  • 体の問題を根本から解決したい
  • 体の歪みが気になる

骨盤矯正とは?

骨盤矯正の施術風景

日常の動作や癖、仕事の内容によって、体の様々な部位で「歪み」が生じます。
骨盤もまた、例外ではありません。
わたしたちの身体の一部に過ぎないのですが、ここであえて骨盤矯正を取り上げるのは、施術をおこなうことによって、体に与える影響が一番大きいと考えるからです。
さとう鍼灸接骨院では、身体に不調・痛みが生じた場合、骨盤矯正をメインにおこなうことが多いです。

さとう鍼灸接骨院の骨盤矯正とは?

身体の不調や痛みは、骨盤が開くことによって骨盤の可動域が狭まり、猫背気味になってしまうことが原因と言われています。
小さなお子様がいる方は、子どもを抱くと背骨が丸まって、猫背のような姿勢になり、筋肉が引っ張られることによって痛みが出やすくなります。
例えば、腰に痛みがある方は、骨盤が後ろにいき、お尻の筋肉がパンパンに腫れていることがあるので、仙骨の部分を調整し正しい位置へ導きます。
痛みの部位は炎症が起こりやすいので、痛みの部位から遠いところから検査し、背骨や骨盤の矯正をします。
そうすることにより、全身のバランスが整って姿勢が良くなり、下半身太りも改善しやすくなります。
身体の痛みや不調は、血流が悪いことやむくみも原因なので、全身を整えることにより代謝を促進します。
また、リハビリで再発防止の体操やストレッチもアドバイスさせていただきます。
骨盤矯正は、特に痛みや不調がなく、歪みが気になるという方でもお越しいただけます。
2週間を目安に4,5回、その間に骨盤矯正、筋肉へのアプローチをしたり、足のむくみをとったり、そのときの痛みや身体の状態も考慮した施術をします。

ポインターとは?

ひとりひとりの骨盤の状態で施術法も変わってくるのですが、まずはポインターで、背骨、骨盤を整えていきます。勿論ボキボキさせるようなことはいたしません。細心の注意を払って、打つ、刺すのではなく、当てる、添えるというニュアンスが近く、ソフトな施術を心がけます。
ポインターは身体の正常な部分はそのままで、悪い部分だけをピンポイントでアプローチします。
お子様、産後の方から高齢者まで幅広い年齢層にポインター施術を行った実績があります。
骨盤だけではなく、首痛、肘痛、手、足首痛にも適用できるのがポインターの特徴です。

産後の不調(産後骨盤矯正)

このようなことでお悩みではありませんか?

  • 出産してから腰痛、股関節痛に悩まされている
  • 産後ガードルをつけているが、下半身太りが止まらない
  • 産後のマッサージを受けたい
  • 産後に肩こりがひどくなり頭痛も併発するようになった
  • 授乳姿勢や抱っこの姿勢がつらい
  • 出産前と比べて疲れやすい体質に

産後骨盤矯正とは?

椅子に座るときの姿勢

妊娠中に骨盤が緩み、広がってしまった場合、産後の骨盤は3~4ヶ月かけて、ゆっくりとしたペースで元の状態に戻る、固まってくとされます。
出産後、骨盤が自然な形で元の状態に戻るのが理想ですが、もともと妊娠前に骨盤の歪みがあったり、妊娠中に身体のバランスが崩れたり、前傾の姿勢になって猫背になると、正常な位置に戻るのが難し       くなってきます。
また、妊娠中は女性ホルモンが分泌される影響で、骨盤が開きやすいため、まだ骨盤が柔軟な産後3か月までは、横座りや足を組んで座ったり、前傾で背中を丸めるような体勢を避けるようにしてくださ        い。身体のバランスが崩れやすくなります。
このようなことが癖になってしまうと、骨盤は正常な位置に戻りにくくなり、やがて歪んだままの状態で固定されやすくなります。
この状態を放置すると、血液の循環やリンパの流れが悪くなり、代謝の低下による体質の変化(太りやすくなる)、肩こり、腰痛、むくみ、冷え性、不妊を招く原因になるかもしれません。
妊娠中の不調はもちろん、妊娠前にはなかった不調やトラブルを防ぐためにも、骨盤を正しい状態に整えることが重要になってきます。

産後骨盤矯正で期待できる効果とは

産後骨盤矯正では、まず出産で開いた骨盤を正常な位置に導くための施術をおこないます。
骨盤や骨格は,施術を行うことで、本来の正しい位置に戻りやすくなり、骨盤や背骨についている筋肉の緊張が緩むことで、骨盤を本来の位置に誘導しやすくなります。
産後骨盤矯正を行うことで、正しい姿勢を維持できるようになったら、次に腰痛予防の施術に入ります。
骨盤や背骨を整えたり、緊張した筋肉が緩和すると、自律神経の状態も整いやすくなります。
出産後によくある産後うつや育児ストレス、不眠、肩こり、頭痛など精神面の影響が多いものにも効果が期待できます。
また、ホルモンバランスが正常になると、出産や育児で消耗した体力が回復しやすくなります。
骨盤の歪みが整うことで、血液循環やリンパの流れがスムーズになり、代謝が上がって、むくみ防止、冷え性改善にも効果があるとされています。
産後の骨盤ケアを行うことで、その後に起こりうる痛み・不調の予防にもなりますので、是非一度ご相談ください。

さとう鍼灸接骨院の産後骨盤矯正とは?

当院の産後骨盤矯正はポキポキしないソフトな施術です。
骨を鳴らしたり、急激に強い力を加えることはありません。
また、当院の産後骨盤矯正は、骨盤だけでなく全身へとアプローチを行うのが特徴です。
頚椎から胸椎、腰椎を整えることで姿勢改善に努め、全身の筋肉の緊張を緩め、血液循環やリンパの流れをスムーズなることで、むくみ防止にも期待できます。
全身を整えることで筋肉の緊張が緩和されると、自律神経が正常に働きやすくなり、不眠症やストレス軽減にもつながります。
させていただきます。
産後骨盤矯正は、一度で終わるのではなく、骨格を整えながら筋肉の緊張の調節を徐々に行うことで体に定着しやすくなります。

産後骨盤矯正はいつから受けられますか?

産後骨盤矯正おすすめの時期

産後1ヶ月は悪露が出るなど、まだ出産の影響が体に残っています。
また著しい体力の低下が見られますので無理に産後骨盤矯正を始めてしまうと、悪露が出きらないこともありますので、焦らず1ヶ月は安静に過ごすようにしてください。
また、産後6ヶ月経つと、女性ホルモンの分泌量が定着し、骨盤が閉じた状態になります。
一度閉じた骨格は動きづらくなりますので、それまでに産後骨盤矯正を受けていただければと思います。

どのくらいのペースで通えばいいの?

出産によって女性ホルモンの分泌が盛んになり、出産後、約6ヶ月ほどで女性ホルモンの分泌が落ち着き、骨盤が固くなると言われています。
つまり、骨格を整えても、骨盤自体がまだ柔らかく、元の状態に戻りやすい時期なので、1週間または2週間に1回くらいのペースで骨盤矯正を受けられることをおすすめします。
また、日常生活では、骨盤ガードルやベルトを着用し、苦しくない程度に骨盤を引き締めておいた方が状態が定着しやすいと考えます。

お問合せはこちら

今すぐ!お問合せご相談ください!!

各種保険取扱・交通事故・労災

さとう鍼灸接骨院

tel:0253848316

院の外観

受付表

                                     
店舗名:さとう鍼灸接骨院
住所: 〒950-0151 新潟県新潟市江南区亀田四ツ興野2丁目5−8
電話番号: 025-384-8316
平日: 9:00~12:00/15:00~20:00
土曜: 9:00~14:00
日祝: 休診日
駐車場: 20台
施術者: 佐藤恵介

TOPへ戻る